前へ
次へ

不織布マスクで日々のインフルエンザ予防を

冬場のインフルエンザ対策のひとつはマスクであり、ドラッグストアへ行くとマスクと言っても種類があることに気が付きます。一般的に身近なものとしては織布マスクのガーゼマスクに不織布マスクで、医療用マスクとしてはN95マスクなので、大きく分けてみると種類は3つです。すべてがパーフェクトに守るわけではなく、ガーゼマスクなどはインフルエンザウイルスの浸入を守る力が低く防御としては足りません。0.3ミクロン以下がウイルスのサイズなので、これほど小さいと細菌よりも小さいということになります。そんなウイルスよりも織布マスクの目のサイズが大きいので、ウイルスが入り込んでしまう可能性が高いです。体内への浸入を最も阻止する種類は医療用マスクですが、長い時間使うにはあまり適してはいません。網目の密度的にはウイルスを通さないためにも濃くできていますが、この構造はつけてみると息がしにくいためです。日々の生活の中でウイルス対策をするなら、不織布マスクを選ぶのが適切と言えます。

Page Top